開業をサポートする心強い味方とは

ピックアップ

設立のために

株式会社設立は自分で行う事も可能ですが、非常に多くの手順が必要になります。そのため、そうした設立をサポートしている会社に依頼する事で効率的に設立が可能となります。

適切な治療

交通事故でむちうち等になってしまった場合には、適切な治療を受ける事が必要不可欠です。そうする事で、効率的に治療を進める事が出来るようになり、長期的な治療が必要無くなります。

調停にかかる費用

離婚調停を行う場合、どの程度の費用が必要になるかを適切に把握しておくことはとても重要です。そうした費用を把握せずに調停を行った場合には、想定以上の費用が必要になって困る事もあるのです。

» もっと読む

仕事の内容

知っているようで知らない事も多い、税理士の仕事を適切に把握する事によって、税理士にどのような仕事を依頼する事が出来るかを知ることが出来ます。そうした事を把握する事で、税理士の有効活用が可能になります。

» もっと読む

相場を知る

会社生産を行う場合、何よりも重要になるのが、生産にかかる費用の相場です。適切に相場を把握することによって、最小限の費用で会社の精算を行う事ができるようになるのです。

» もっと読む

設立の為に

新宿で実績豊富な税理士事務所なら:福嶋税務会計事務所

ビジネスは信用が第一

今は個人でもさまざまなビジネスが出来る時代です。そういった意味では株式会社設立をしなくても企業などに属してビジネスをするといったことは出来ることです。ただ、この場合は個人の信用といったことではなく、企業の信用で仕事をしているので、なかなか個人が認められにくいといったことがあるのです。仕事の依頼は企業に来ているのであって個人ではないのです。ですが、株式会社設立をして仕事をすると、その仕事の成果はそのまま個人の成果となり、そのまま信用へとつながっていくのです。ですから、今では株式会社設立をすることで、個人の信用といったものも上げていける時代です。そう考えると株式会社設立をすることの意味は大きなものがありそうです。

株式会社設立にかかる費用

株式会社設立をするには当然費用がかかるものです。これは設立をしようとしている会社の規模にもよるのですが、個人が作る小さな会社で資本金もそれほどでもないといったような場合であれば、概略40万円前後といったところです。内訳としては法務局に書類を承認してもらうための手数料が20万円弱ぐらいで、公証役場で書類を公の書類と認めてもらうのに20万円弱ぐらい、そして印鑑を作成するのに一万円前後といったようなところです。これだけの費用で株式会社設立が出来るので、この費用にあったものかどうかを吟味して会社を設立するかどうかを検討することになるのです。また、書類の作成には時間も手間もかかりますので、そういったことも検討するといいでしょう。